深セン領事出張サービスの実施について

 平成29年9月28日(木)に深セン市において領事出張サービス(予約制)を下記のとおり実施いたします。

1 本出張サービスは事前予約制です。

2 下記の申請等を受け付けております。

(1)パスポートの申請,交付

(2)在外選挙人名簿への登録申請,

(3)各種証明書の発行(在留証明,署名/拇印証明,公印証明,婚姻要件具備証明(独身証明),旅券所持証明,戸籍記載事項証明,警察証明書(無犯罪証明書)),

(4)戸籍・国籍関係の届出(婚姻届,出生届,その他戸籍/国籍上の届出)

<開催日時>

平成29年9月28日(木) 

9:30〜14:00

※予約期限:平成29年9月25日(月)(午後5時まで)

<会場>

深セン市南山区 高新区南区 高新南環路29号

留学生創業大厦 2階 212室(深セン日本商工会会議室)

※地下鉄蛇口線の『科苑』駅を下車し,徒歩約10分です。

<領事出張サービスの内容・手続>

【1 パスポート関係】

○パスポートの発給申請○

 会場で旅券の発給申請を受け付けます。旅券の交付は当館に来館頂くか,次回の領事出張サービスで受け取って頂く必要があります。

【申請手続・必要書類等】

(1) 申請要件を満たしていることを確認する(下記PDFの2頁をご確認下さい)。

PDF:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/doc/setsumei/ryoken.pdf

(2) 申請書を含めた必要書類を準備の上,スキャンするか写真で撮影して,当館領事班にメール(p@ko.mofa.go.jp)をする。

 件名→【新セン領事出張サービス】旅券申請

(3) メールが不着の可能性もあるので,当館領事班に電話(020―8334―3009(内線01その後「2」を選択))をし,到着を確認する。

(4) 当日は,指定された必要書類の原本を持参した上で,申請書を記入し申請する。

○パスポートの交付○

(10年旅券940元,5年旅券645元,12歳未満5年旅券355元)

領事出張サービス実施日を含む4営業日前(9月25日(月))までにご来館頂き,旅券の発給申請を行って頂いた上で,領事出張サービスにおいて旅券の交付を行います。

【手続】

(1) 受領要件を満たしていることを確認する(下記PDFの3頁をご確認下さい)。

PDF:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/doc/setsumei/ryoken.pdf

(2) 当館領事班に電話(020―8334―3009(内線01その後「2」を選択))し予約をする。

(3) 当日は,指定された書類を持参した上で,旅券の名義人にお越し頂き,本人確認のうえ交付いたします。

【2 在外選挙人名簿登録申請】

日本国内の最終住所地で転出届(住民登録の抹消)を出された有権者の方で,当館の管轄区域内に引き続き三ヶ月以上滞在予定の方は,在外選挙人名簿登録申請をして「在外選挙人証」を取得して,日本の国政選挙・国民投票に投票することができます。

【申請手続】

(1) 登録要件を満たしていることを確認する(下記PDFの2頁をご確認下さい)。

PDF:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/doc/setsumei/senkyo.pdf

(2) 上記PDFに記載のある必要書類をスキャンするか写真で撮影して,当館領事班にメール(p@ko.mofa.go.jp)をする。

 件名→【新セン領事出張サービス】在外選挙登録

(3) メールが不着の可能性もあるので,当館領事班に電話(020―8334―3009(内線01その後「2」を選択))をし,到着を確認する。

(4) 当日は,必要書類の原本を持参した上で,申請書を記入し申請する。

【3 証明関係】

 領事出張サービスで発給可能な証明の申請手続,必要書類は次のとおりです。事前に必要書類を当館に送付頂くなどして,当日お渡しできるようにいたします。手数料は当日現金でお支払いいただきます。なお,当日は必ずご本人にお越しいただく必要があります。

【申請手続】

(1) 各証明書の申請に必要な書類を下記のPDFで確認の上,スキャンするか写真で撮影して,下記URLにある証明書用申請用電子申請書に必要事項を記載の上,締切り日までに当館領事班にメール(p@ko.mofa.go.jp)をする。

PDF:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/doc/setsumei/shomei.pdf

 件名→【深セン領事出張サービス】○○証明

http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/form/FZ_SetificateApplicationForm.xls

(2) メールが不着の可能性もあるので,当館領事班に電話(020―8334―3009(内線01その後「2」を選択))をし,到着を確認する。

(3) 貼付型の署名証明書及び公印証明書は事前に原本を当館に送付する。

(4) 当日,必要書類の原本を持参した上で確認を受け,証明書を受け取る。

【各証明書の説明及び費用(ページ数はPDFのページ数)】

1.在留証明(1通につき70人民元)(p2)

2.署名(及び拇印)証明(1通につき100人民元)(p3)

3.公印証明(1通につき官公署の印265元,それ以外の印100元)(p4)

4.婚姻要件具備証明(独身証明)(1通につき70人民元)(p5)

5.戸籍記載事項証明書(70元)(p6)

6.旅券所持証明(1通につき125元)(p7)

7.警察証明書(無犯罪証明書)申請(申請にかかる手数料は無料)(p8)

【4 戸籍関係の届出】

【申請手続】

(1)下記の必要書類(複数通必要なものは1通のみで可能)をスキャンするか写真で撮影し,(和訳文についてはワードデータ等でも可能),当館領事班に締切り日までにメール(p@ko.mofa.go.jp)をする。

件名→【新セン領事出張サービス】戸籍届

(2) メールが不着の可能性もあるので,当館領事班に電話(020―8334―3009(内線01その後「2」を選択))をし,到着を確認する。

(3)当日,下記の必要書類を持参し,原本確認を受けた上で,婚姻届出等に署名する(届出用紙は当方にて用意いたします。)。

○婚姻届(日本人と中国人が中国の方式による結婚登記を行った後の報告的届出の場合)○

【必要書類】

(1) 日本人本人の戸籍謄(抄)本 2通

(2) 結婚証(夫又は妻のいずれか一方のもの)

  原本提示・写し2通(又は3通)提出

(3) 結婚証の和訳文 2通(又は3通)

(4) 中国人配偶者の国籍公証書 2通(又は3通)

中国のパスポートでも結構です。ただし,中国での結婚登記の日に有効であったものに限ります(原本提示・写し2通(又は3通)提出)。

(5) 国籍公証書(中国旅券)の和訳文 2通(又は3通)

※ 日本人夫又は日本人妻が従前の本籍地の市区町村と別の市区町村に新たに本籍を設ける場合は,戸籍謄(抄)本以外はすべて3通必要となります。

※ 結婚証,国籍公証書(又は中国のパスポート)の和訳文については,どなたが翻訳されても結構です。

○出生届○

【必要書類】

(1) 病院発行の出生医学証明書  原本提示・写し2通提出

(2) 出生医学証明書の和訳文   2通

※ 以下の場合は届出を受理することができませんのでご注意ください。

・両親が日本人と中国人で,子が出生してから三ヶ月を経過している場合

・両親が日本人男性と中国人女性で,日本の戸籍上婚姻届がなされていない  場合

※ 出生医学証明の和訳文については,どなたが翻訳されても結構です。

○在広州総領事館○

(市外局番020)−8334−3009

国外からは(国番号86)−20−8334−3009(代表)

ホームページ:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/